どうせだめならやってみよう 2
元米国在住エンジニアが英語学習や音楽などを通じて日本に向けてなんか発信してやろうと思っています。
プロフィール

ぬーかっする

Author:ぬーかっする
元米国ミシガン在住で、現在東海地区在住。

英語,ドイツ語,音楽関係をメイン

ときにしょうもない記事が含まれますので、便所の落書きと思ってみてください。

[TOEIC LR]
開始 2010 555 L 290 R 265
最高 2015 945 L 485 R 460
最新 2016 880 L 475 R 405

[ドイツ語検定]
2009春 独検4級取得

[Engineer系]
2014/07 FE exam 合格
2015/12 PE exam 合格
2016/01 Michigan州 登録

最新記事

最新コメント

カテゴリ

counter

20130429
昨日はハイウェイで30分くらいのところにあるフォード博物館横のGreen villedgeという、古きよきアメリカ?を再現したところに機関車トーマスの実物大がが来るということで行って来ました。


実は前日の天気予報で雨かもときいていたので、ひょっとするとと思ったのですが、残念ながら予想的中。

イギリスのときもそうでしたが、アメリカも天気予報は当てになるのです。

降るものは降るのでした。

実は昨年も実写版トーマスには乗りに行ったのですが、そのときと同じ車両でした。

当然グッズ売り場に行けば子供がたくさん。

こういう場所には必ずといっていいほど、自由に遊んでいいですよーという体験コーナーがあって、子供がmega blockなんかで遊んでいました。

うちの子も参加してずっと電車で遊んでいました。

Dearborn-20130428-00260-1.jpg




実写版トーマスに乗ると、各客車の一番後ろに係員の人がいて、乗っている間の20分間(昨年は40分あった)ずっとしゃべり続けています。

ときおりクイズなんかがあって、子供一緒に「It's Gordon!!」とか答えるわけです。クイズはTOEICにはないのでこういうのは新しい刺激かもしれませんね。

Dearborn-20130428-00259-2.jpg


アメリカはアクティビティーが多いので、家族サービスしたい方には向いていると思います。

次回のイベントは、現在、佐藤琢磨が参戦中のインディーです。
2130420
久々の更新です。
約一ヶ月ぶりでしょうか、この間あまりに忙しくて記録を残す時間がありませんでした。


ざっとこの一ヶ月の動き
- NHLをはじめてみました。
- 3月末は家族でエッグハントに参加しました
- 日本に2週間ほど一時帰国しました
- アメリカに帰国してすぐ風邪をひきました
- 今日、TOEIC SWを受験しました

本当はアメリカ暮らしのことも書いていきたいのですが、皆さんの関心所はSW試験でしょうから、ブリーフレビュー。

まず今回受けた理由としては、

純粋に一発受験でどれくらいの成果が出るかをみたくて、試験の内容は知っておいた状態で、具体的な試験対策をせずに受けてどれくらいの点数になるかを今回計測します。駐在暦一年の平均的なレベルがこれで分かると思います。

TOEICのLR試験では毎回30人近く人がいるのに、SWはなんと2人でした。

私と韓国人の女の子で、その子は米国国籍を持っているようでした。
ちょっとしゃべりましたが、かなり英語上手でした。



さて、テストの感想です。
公式本を見ていた感じと実際に時間刻みでバンバン質問が来るのとはさすがに違っていてSでかなり苦戦しました。

前半、文章を読む、情景を説明する、表を見て質問に答える までは比較的楽

電話での応対と意見を述べるあたりで失速。


電話応対は日常的にやっているにも関わらず、60秒に会話が収まらず。喋っている途中で時間切れ。If you have futher question, please call me back.といういつものせりふが言えず...

意見を述べるほうも、質問が抽象的すぎて答えがまとまらないうちに回答がはじまり、最初は無言に...

結局なんだかよく分からんうちに終わってしまうという残念な結果に。かなり焦りました。


Wはちょっと簡単すぎますね。

情景描写、EMAIL、エッセー どれも楽でした。エッセーは書いた段階では自分の文章に酔ってしまうので間違いを見つけにくいのが世の常ですが、見直す時間があったので大丈夫と信じたいです。



それにしてもアメリカでSWを受けると120ドルします。

日本で受けたほうが安いですね。結果をみて悔しくなったら2回目受けると思います。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村