どうせだめならやってみよう 2
元米国在住エンジニアが英語学習や音楽などを通じて日本に向けてなんか発信してやろうと思っています。
プロフィール

ぬーかっする

Author:ぬーかっする
元米国ミシガン在住で、現在東海地区在住。

英語,ドイツ語,音楽関係をメイン

ときにしょうもない記事が含まれますので、便所の落書きと思ってみてください。

[TOEIC LR]
開始 2010 555 L 290 R 265
最高 2015 945 L 485 R 460
最新 2016 880 L 475 R 405

[ドイツ語検定]
2009春 独検4級取得

[Engineer系]
2014/07 FE exam 合格
2015/12 PE exam 合格
2016/01 Michigan州 登録

最新記事

最新コメント

カテゴリ

counter

20140726
FEがなぜか合格していたのでPE試験に向けて「準備」を開始しました。

なぜ準備かというと、


米国在住者がPE試験を受けるには、単に願書を出せば受けれるというわけではないからです

1 会社で一定期間以上働いているという証明がいる
2 日本の会社の上司に証人になってもらう必要がいる
3 米国の会社の上司に証人になってもらう必要がいる
3 PEを三人探して自分の経歴を証明していただく必要がある
5 証人を2人探して自分の経歴を証明していただく必要がある
6 大学の学位証明書、成績証明書、シラバスがいる
7 大学院卒の場合は二倍手間がかかる
8 すべての項目が日本人である場合は、アメリカから日本に対してこの作業をする必要があり、手間が結構かかる
9 学歴審査の依頼をABETもしくはNCEESに依頼する必要がある


今年の10月に受験を考えていましたが、とても間に合わないのであきらめました。

大学の教務に依頼するのに、「誰か教務まできてくださいよー」と心無い応対を受けたりとなかなか大変です。

出だしから結構躓いています。


おまけでにPEの勉強を始めましたがこれがまた難しい。。。。


FE REVIEW MANUALもかなり難しかったですが、比べ物のにならないです。



まだまだ先は長そうです。



IMG-20140627-00391s.jpg

毎年恒例バルーンフェスタに参加。ちょっと多すぎだろってくらい上がってました。
20140710
FEの結果がでてました。さすがCBTです。早いですね。

結果はPASSED

合格通知とか特になくて、ただPASSEDとウェブ上に乗っていただけでした。

とにかくほっとしました。

家族にありがとうを言わなければなりません。

朝と夜の勉強時間を確保するためには家族の協力が不可欠です

私よりも喜んでくれた奥さんには本当に感謝。


ついに海外の国家資格を取ってしまったわけですが、これも英語ができるようになったおかげだと本当に思います。世界が広がるというのはこういうときに感じることができます。


さて次は最終PEです。なんとか帰任前にミシガン州に登録して帰りたいと思います。
さっそくPEの試験勉強を始めました。

11月くらいにTOEIC受けるかもしれませんが、PEがメインです。
徐々に英語が目的ではなくてツールに変わりつつあります。


IMG-20140705-00401.jpg

近い方には気配りを。 まずは家族ですね。
20140707
久々の更新となりました。先日FEを受けてきて、そろそろ大丈夫だろうという時期になりましたのでメモです

CBT試験となってはじめて(?)正確には二期目の試験ですが、いろいろ変更点がありますのでこれから受ける方はくれぐれも注意してください。

前回までは朝7時集合で結構朝早く出ないといけなかったのですが、スタートが8:20になり気分的に楽になりました。(日本ではどうなるのか知りませんが)


以下、設問内容の具体的なところはかけませんが参考情報です。

(1) 参考となる手引書はパソコンの画面上で参照できます。これは非常に助かります。検索機能までついているので、ページを一生懸命めくると考えたら圧倒的に楽です。これは改善といえる出しょう。ショートカットキーやフラグ機能もかなり便利です。

(2) 110問を5時間20分でこなすわけですが、49問がパート1。残りの61問がパート2.パート1が終了した段階で25分の休憩が与えられます。ただ問題は25分は休憩開始のボタンを押した瞬間からカウントされ、万が一パート2開始時間に遅れた場合は解答時間から差っぴかれますので要注意です。

(3) 範囲の割合が大幅に変更されています。これまで数学、経済、技術者倫理、電気の範囲から大体5-10問くらい出てたと思います。先日の試験では数学も3問、経済は3問、倫理は2問、電気も2問程度となってました。前回の筆記バージョンの試験では経済からの出題が10問くらいあり、私の場合、前回試験ではこれが軒並み不正解でしたので、今回FE REVIEW MANUALを3週してかなり慣れてから望んだので、正直拍子抜け。ヘビーな科目は予想通り後半に集中しています。よって、如何にパート1を早く終了するかにかかっていると思います。3時間は絶対残したいですね。可能であれば3時間半から4時間。頭が茹で上がるほどの集中力が必要ですが、前半で時間食ってしまうと、後半の最後あたり塗り絵になってしまいますよ、私みたいに。

(4) 試験の部屋には飲み物や軽食の持ち込みは不可となったので気をつけましょう。間の休憩も25分しかないのでヘビーな食事はやめたほうがいいと思います。参考書等を見る時間もありません。


参考にならないかもしれませんが、将来の自分に向けてメモ。

一日約2時間から3時間程度。通勤時間がほとんどかからないので朝5時起きれば時間は確保できます
1 - 試験直前は平日でも4-5時間程度時間を確保しました。
2 - FE REVIEW MANUALを2周。熱力、流体、経済に関しては3周しました
3 - 一周するのに一回目は3ヶ月くらいかかったので早めに着手するに越したことはありません。
4 - 1001だけで突破したという人がいるようですが、おそらくもともとのスペックがすごく高い人だと思います。 凡人はREVIEW MANUALで対策するのがいいでしょう。


REVIEW MANUALで勉強してよかったと思う点はここで出てくる表現がそのまま業務で使えることです。

Concentrating force is experiencing at the end of column.

なんて表現はTOEICでいくら勉強しても絶対にでてきませんが、エンジニアには必要な表現です。
こういった表現がストックできたのは非常に日常の業務に役立ってます。


IMG-20140627-00381-1.jpg

今年もバルーンフェスタに家族で行ってきたのですが、その横でやってた移動遊園地。
ティーンが多かったせいか、激しい乗り物が多かった気がします。
写真はひたすら回るだけですが、これかなり高速で回ります。見た目よりもかなり激しいですよ。。。。
私は乗れません。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村