どうせだめならやってみよう 2
元米国在住エンジニアが英語学習や音楽などを通じて日本に向けてなんか発信してやろうと思っています。
プロフィール

ぬーかっする

Author:ぬーかっする
元米国ミシガン在住で、現在東海地区在住。

英語,ドイツ語,音楽関係をメイン

ときにしょうもない記事が含まれますので、便所の落書きと思ってみてください。

[TOEIC LR]
開始 2010 555 L 290 R 265
最高 2015 945 L 485 R 460
最新 2016 880 L 475 R 405

[ドイツ語検定]
2009春 独検4級取得

[Engineer系]
2014/07 FE exam 合格
2015/12 PE exam 合格
2016/01 Michigan州 登録

最新記事

最新コメント

カテゴリ

counter

20120114
音読に関する一考


tommyさんがTOEICと音読について語られているので、TOEIC低レベルながらも、駐在員という立場から実際に日常的に英語を使う中での感想を偉そうに述べたいと思います。


私はTOEICの点は低いですが、900点や950点レベルの人よりもそれなりに話せる自信があります。

日常生活の英語には困っていません。行政関係や普段の交渉ごとなどは日系サービスを必要としませんし、揉め事の対処も自分できます。
第二言語が英語の人が途端に喋れなくなるひとつのラインといわれる口論もおおむね大丈夫(別に進んでやる必要はありませんが)今は微妙なニュアンスを伝えることや、アメリカ人の中における上下関係を考慮した話し方や自分の意図の伝え方、以外と多い非直接的表現などに苦労していますが。


留学して駐在しているので、周りから見るとこれは当たり前かもしれませんが、別にアメリカに来て英語がうまくなったとはあまり思っていません。ほとんど日本でやってきたことがベースになっています。


さて、その上で。私なりに話を展開すると...


<結論>
もしあなたが日本国内で英語学習をしていて、日常的に英語を使う環境にないであり、
なおかつ英語を話したいと思うなら、「絶対に音読は必要」。

と言うか、それ以外に道はない。
 
 
理由はいろいろ、
(1) (これはもう今更感満載ですが)会話するときはいちいち考える時間なんてありません。

反射です。

反射で答えるためにはやはり頭で理解しているだけでは限界があり、カラダで反応しなくてはいけません。

これは覚えて使うとはちょっと違った感覚のような気がします。口が勝手に動くような感じです。


(2) 日本語翻訳を解さずに会話するには相当な場数が必要です。

子どもが言語を理解する理由は何年も場数を踏んでいるからです。

英語学習者である我々も例外なく同じプロセスで学習しなくてはなりません。

日本にいて英語をマスターする場合、外資系で日常的に英語を声にだす機会がある人だったり、酒飲み友達がいるような場合はいいですが、それを補間するためには音読しかありません。


(3) 理解していると使えるは違う

これは言語学習に限ったことではないです。数学や物理なんかでもそう。

私は駐在前は開発寄りの理系職なのでよくこういったシーンに出くわしました。

社員A「この論文の計算式を理解してきて」
社員B「分かりました。(しばらくして...)理解しました」
社員A「それじゃ、この現象に適用できるように計算を組みなおして」
社員B「できません」

これが「理解している」と「使える」が違う状態です。


例えば、音読で例えばPART3を一文5回づつ読んでいって、特に気になるフレーズなんかは10回でも20回でも声に出して読み、見なくても言える状態までもっていくことが必要です。


声に出したという経験がないものは、いざ使うシチュエーションに出くわしても、まず声にでてきません。


「あれ、なんだったっけ?」と考えてるうちに、使うチャンスを逃してしまいます。

もしオンライン英会話などをやっている場合は、なるべく早い段階で使う機会を作ることをお勧めします。

実際に誰かに使ってみて「伝わった!」という成功体験がそのフレーズをもうひとつ上のステージにもっていってくれます。

一度声に出した伝わった言葉は、二度と忘れないでしょう。

これが文字やEMAILだけだと、この昇華プロセスは体験できないと思います。


それをやっていてもTOEICの点が上がらないですが、会話は日々進歩できています。
(TOEIC奥が深い!)


とにかく、私は黙読と音読には圧倒的な差があると信じています。

私の場合はTOEICによって得たものと、それ以外で得たものがミックスされて普段の会話を構成していますが、その基盤はいずれも音読です。


あとは間違えるのが恥ずかしいという無意味な壁を打ち破るとか、積極的に外国人の人に話しかける度胸なども必要ですけどね。それはまた別の話。


2012114

全く関係ないですけど、年末に行ったカンクン空港にあった看板。まさかのDAVID GUETTAです。ダンスミュージックが好きな人には超有名人。
Comments

Post a comment














Only the blog author may view the comment.


Trackbacks
Trackbacks URL
http://nucastle.blog.fc2.com/tb.php/3-8f731a3b
Use trackback on this entry.
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村