どうせだめならやってみよう 2
元米国在住エンジニアが英語学習や音楽などを通じて日本に向けてなんか発信してやろうと思っています。
プロフィール

ぬーかっする

Author:ぬーかっする
元米国ミシガン在住で、現在東海地区在住。

英語,ドイツ語,音楽関係をメイン

ときにしょうもない記事が含まれますので、便所の落書きと思ってみてください。

[TOEIC LR]
開始 2010 555 L 290 R 265
最高 2015 945 L 485 R 460
最新 2016 880 L 475 R 405

[ドイツ語検定]
2009春 独検4級取得

[Engineer系]
2014/07 FE exam 合格
2015/12 PE exam 合格
2016/01 Michigan州 登録

最新記事

最新コメント

カテゴリ

counter

20140121
これは駐在員同士でも、現地ローカルスタッフとでもいつも議論になります。

自分の言葉で話すことがいかに大切か

「英語は話せないよりも話せるほうがいい」

これは疑いも無い事実です。


ならば、ビジネスシーンにおいて自分が話せないとあきらめてしまって、話せる人についてもらって顧客と面会するときのメリットデメリットについて考えてみたいと思います。


メリット

- 言葉の弊害ない。少なくとも弊害を感じない。まるで日本で仕事しているかのように交渉できる
- 解釈の問題が通訳の責任となる
- 文化背景を勉強しなくてもいい。業務知識と自分の文化背景のみで話ができる


デメリット
- 人対人のコミュニケーションとならない。ただの情報処理になる
- 言いたいことが伝わっているか確認できない
- 信頼関係が築けないとは言わないが、かなり難しい
- 長い目で見た関係が気づけない



うーん、少なくとも、

現地語(英語)を話せないということはおしゃべりですぐ人と仲良くなるアメリカ文化ではかなり受け入れがたいといえます。

私の知る限りカナダ、メキシコでも同じことが言えます。



やっぱり自分の言葉で相手の目を見て話ができないことの弊害はsignificantです



仕事するなら頼りにされたいじゃないですか、

現地語でたくさんの人に会いたいじゃないですか、

知らないことをもっと自分の目で見たいじゃないですか

言葉はツールです。しかしいくら釘の打ち方を知っていても金槌がなければ打てません


ということで絶対英語をマスターしなければならないのです


先日のTOEICの結果が帰ってきました

ついにAクラスに入りました。

いよいよターゲットは900です
Comments
Comment is pending approval.
Comment is pending blog author's approval.
[2017/07/27 19:33] | # [ Edit ]

Comment is pending approval.
Comment is pending blog author's approval.
[2017/08/03 01:08] | # [ Edit ]


Post a comment














Only the blog author may view the comment.


Trackbacks
Trackbacks URL
http://nucastle.blog.fc2.com/tb.php/68-2ded6eda
Use trackback on this entry.
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村