どうせだめならやってみよう 2
元米国在住エンジニアが英語学習や音楽などを通じて日本に向けてなんか発信してやろうと思っています。
プロフィール

ぬーかっする

Author:ぬーかっする
元米国ミシガン在住で、現在東海地区在住。

英語,ドイツ語,音楽関係をメイン

ときにしょうもない記事が含まれますので、便所の落書きと思ってみてください。

[TOEIC LR]
開始 2010 555 L 290 R 265
最高 2015 945 L 485 R 460
最新 2016 880 L 475 R 405

[ドイツ語検定]
2009春 独検4級取得

[Engineer系]
2014/07 FE exam 合格
2015/12 PE exam 合格
2016/01 Michigan州 登録

最新記事

最新コメント

カテゴリ

counter

20141121
気づいたらミシガンは冬になっていました。
まったくアメリカは一週間で夏から冬になるのでメリハリがありすぎます。

今日の気温は-8度。鼻の穴が凍ります。

さて、先日TOEICを受けました。結果840点(L450, R390)

にわかに勉強してもダメということです。

昔から、数学と英語は成績があがるのに時間がかかるといわれてましたが、そのとおりですね。

継続的に勉強する必要があります。毎日の勉強にイクフンを追加しました。

一回にできる量は少ないですが、とにかく継続することにしました。

PEの勉強も含め、毎日朝、夜で2-3時間の学習時間を確保するので精一杯です。

先日ようやくREVIEW MANUALが終わり、PRACTICE PROBLEMに移りましたが、FEのときと同様に凹まされながらやっています。こちらの学習者のサイトを見て回ると、一週間で最低20時間は必要とか、'Practice problem'は3週くらいしないとだめとか厳しいことが書いてあります。アメリカ人は意外と勉強しはじめたらかなりやりこむタイプなのかもしれません。仕事してたらそんな風にはぜんぜん見えませんが...

おおむねPEの必要書類がそろったので、勉強に専念できるようになりました。

日本で受験する場合とアメリカで受験する場合は手続きが異なります

FE合格後、まずは大学のシラバスの審査を受ける必要があります。

Credential evaluationといってまともな大学を出たかどうかの審査が行われます。

外国人である日本人は卒業した大学でちゃんと一般教養から専門までまともな授業を必要なだけ受けているかを米国の大学の基準と照らし合わせて審査されます。

日本の国立大学を出ていれば、大体大丈夫ですが、世の中には大学といっても、どこかのビルの一角を借りてやっているようなところもあり、すべての大学と名乗っているところがまともだとは限りません。

そういう所を篩にかけるのがこのシステム。

ただシラバスを英訳したするのを大学にお願いしたりする必要があり、かなり大変です。アメリカからそれをコントロールするので本当に大変でした。

Credential evaluationは審査料が2014年付けで400ドル。
有効期限は半年。

半年以内にすべての書類を準備して審査を開始しないと延滞料を取られます。
あっという間に半年たちます。

その間pe referenceを5名の方にお願いする必要があります。
問題はそのうちの3人はPEでなくてはなりません。

てか、PEってどこにいるねん!

私もミシガンで仕事をしていて、年間100人くらいの方と名刺交換しますが、名刺にpeと書いてある人に一人しか出会ったことがありません。それくらいレアです。


とにかく、そうこうしているとあっ!という間に半年たちます。

その上勉強もしなくてはならない。かなり大変です。

PE review manualには、日本の参考書にありがちな優しい言葉が一切載ってません。

「とにかく猛烈にがんばらないとダメですよ」

といろいろな角度から書かれています。やっぱり勉強はガリガリやるものです。

これは世界共通。

楽して知識なんか手に入らないということです。反省


IMG-20141026-00756s.jpg
写真は気づけば一ヶ月前のハロウィンのとき、farmでとった写真です。

これなんだと思いますか???

かぼちゃランチャーです。ものすごい音がします。完全に兵器ですw
Comments

Post a comment














Only the blog author may view the comment.


Trackbacks
Trackbacks URL
http://nucastle.blog.fc2.com/tb.php/86-377f3189
Use trackback on this entry.
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村